<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一年

今年もあと2日。

早いもので、365日もあったはずの1年が、終わろうとしています。

この一年、たくさんの人に出会って、その出会いから、数え切れないほどの温かいものを
両手いっぱい、体いっぱいにもらったように思います。
b0174822_21511628.jpg

b0174822_21521926.jpg

b0174822_21524642.jpg

b0174822_21535351.jpg

「また逢いたい」と、心から思う人たちが、どんどん増えていった一年。


友人の結婚式にもたくさん呼んでもらいました。
中学時代、ふざけあったり、時には真面目な顔で、将来の夢を語り合った友達が、
真っ白なドレスを着て、幸せいっぱいに笑ってる。

嬉しくて嬉しくて、涙が止まりませんでした。
b0174822_214411.jpg

ホント、キレイだった~。
二人の始まりの日、夜中降り続いた雪が、ガラス張りの式場からみえる景色を、
真っ白に染めていました。

人との出会いや関わり通して、人は、自分という人間がどんな人間か、分かるんだと思います。

人は鏡、自分を映す鏡。

これからの出会いが私をどんなふうに変えるか、どんなふうに変われるか、とっても楽しみです。
自分らしさを持って、
自分のペースで、
無理をしない事が一番大事。
無理は続かないし、体にも良くありません。


「スマイル プラネット」という本の中から、紹介したい話があります
この本には、世界中の"スマイル"を求めて旅を続ける写真家の、旅の様子がつづられています。

旅の途中で出会った漁師の男。
何十年もの間戦争の続いている国で、戦争と隣合わせの暮らしを送ってきた。
漁師の男は、右手を広げて見せてこう言った。

「見てごらん。五本の指の長さはそれぞれ違うだろう?
同じように、ひとりひとりの人間の考えている事もそれぞれ違う。
大切なのはお互いの違いを認めることだ。相手の言う事に耳を傾けることだ。
俺達はこの長さの違う指を使って、魚をとり、道具を作り、美しい絵を描く。
同じように、違う人間同士が力を合せれば、素晴らしいものが生み出せるはずさ。
この手は殺し合うためにあるんじゃない。幸せを作り出すためにあるんだよ」



手を広げて見たあなた・・・


人はちっぽけだけど、この世界を良くも悪くもしてしまう。
人と人が互いを認め合い、相手を受け入れる事。
生きていく中で、大切にしなければいけないことを、教えてもらったんだと思います。



一年間お世話になった全ての人たちに感謝します。
来年もこんな私達ですが、どうぞヨロシクお願いします。
b0174822_225464.jpg

来年も素晴らしい1年になりますように・・・
[PR]
by aphoto | 2009-12-29 22:57

冬の匂い

風の冷たい日は、遠くの山の方から、『冬の匂い』がやってくる。

今日もそんな朝だなぁ・・

そりゃそうだよ、もう12月だもの。

そんなことを思いながら、いつも見慣れた景色に目をやる。

明らかに歪で、本来あるべきものをハサミででも切り取ったような、その山の形。

頂上には、今年初めての雪。

山に3回雪が積もれば、平地でもそろそろ雪が降るよ。

おばあちゃんが言ってたな。


寒いのは苦手だけど、嫌いじゃないし、
吐く息が白くなると、息してるなぁとか、人間って暖かいんだなぁ、って
思ったりして、なんか嬉しい。

『冬の匂い』

まだ気づいていない人に、教えてあげよっと♪
[PR]
by aphoto | 2009-12-07 20:33